外壁・屋根塗装ビルドアート

0120-777-253
営業時間:9~18時 土日・祝日も営業

浴槽に使われる6つの素材

浴槽に使われる素材(材質)は大きく分けると6つです。ここでは、それぞれの特徴を説明していきます。

FRP(ガラス繊維強化プラスチック)

浴槽の素材としては一般的なもので、柔らかく温かみのある樹脂素材です。耐久性や耐衝撃性、保温性もあり、軽量なのが特徴です。

汚れがつきやすいという面もありますが、最近では材質などの改良も進み、性能やデザイン性を高めた製品もみられる様になりました。

ホーロー

ホーローには鋳物ホーローと鋼板ホーローの二種類があり、輸入品の浴槽にもみられる素材です。ホーロー層の仕上げはガラス質の為、肌触りは滑らかで美しい色合いや光沢なのが特徴です。

お手入れは簡単ですが、表面のガラス質にキズがつくと、そこから本体が錆びてしまう事もある為、早めのメンテナンスが必要です。また、重量のある鋳物ホーローは、階上の浴室に設置する場合など、構造躯体の強度を高める事が必要になる場合もあります。

ステンレス

ステンレスは耐久性、耐熱性や保温性も良く、値段も手ごろです。キズや錆びに強く、お手入れも楽なのが特徴です。保温性能は、裏面の保温材によって高められています。表面の手触りや温度が不快と感じる場合もありますが、金属特有の肌触りを抑えた製品もでています。

人工大理石

人工大理石は天然大理石のような温かみがあり、色柄などのバリエーションが豊富です。また、耐水性や耐汚性に優れ、表面が滑らかなので汚れも落ちやすく、簡単にお手入れができます。樹脂が原材料の場合、大きくアクリル系とポリエステル系に分類されます。

アクリル系…透明感や光沢があり、衝撃性や耐熱性に優れているのが特徴です。ポリエステル系…アクリル系より性能や風合いなどが若干劣りますが、比較的安価なものが多くみられます。

木製

木製は木質独特の温かみや香りが魅力的です。材質としては、ヒノキやヒバ、サワラなどが用いられますが、大きさはもちろん、樹種によって価格に差が出てしまいます。

保温性、耐衝撃性や耐熱性にも優れており、最近では特殊な処理加工によって、腐りにくく、お手入れも簡単な製品もみられる様になりました。

タイル

タイルは形状を自由に選び、オリジナルの浴槽を造る事が出来るデザイン性が特徴です。しかし、冬場は冷たく、目地のお手入れが大変という点が欠点としてあります。

最新技術を体感できるショールーム
ブログ 雨漏り110番 ホームプロ 高田馬場法律
0120-777-253
お問い合わせフォーム お気軽にご相談ください!
ページトップへ戻る