外壁・屋根塗装ビルドアート

0120-777-253
営業時間:9~18時 土日・祝日も営業

お風呂リフォームのポイント

お風呂リフォームをするときに最初に考えること

現在お使いいただいている浴室が、これらに当てはまるようならそれはリフォームのサインです。

・目に見えるリフォームのタイミング
・浴室内部や浴槽にひび割れやサビが出てきている。
・カビがひどくて洗っても落ちない。
・洗面、脱衣場の床がぶよぶよしてきた。
・温度調節がききにくくなってきた。
・排水口から水が流れにくい。

築10年を超えるとカビ、汚れが目立ってきます。さらに年月が経つと色々な部分で注意が必要となります。また、脱衣場の床がぶよぶよして、きしきしと音を立てる場合は中の土台が劣化したり、シロアリの被害にあっていることがあります。

それを放置すると、腐食が進みリフォームする際にそこから手をつけなければならず、それだけ余分な費用がかさみます。大体15年を目安にお使いの浴室全体を見直すことがオススメです。

他にも、排水の掃除をしていて流れが悪い場合には、水が溜まる頻度が多くなります。水が溜まることで、湯垢やカビの原因になり、それも掃除しなくてはなりません。掃除がいかに楽にできるか、どれくらいの頻度でやるのか、もリフォームする上でのポイントです。

新しいユニットバスは、カビが生えにくいことや、掃除の手間もかからないので、その分時間も余分な費用も節約できます。早めに浴室をリフォームすることにより、メリットがたくさんあります。

浴槽の選び方

浴室を決める際に、まず検討するのが浴槽(バスタブ)ではないでしょうか。一般的な住宅で使われている素材には、ホーロー・ステンレス・人工大理石・FRP・木製などが挙げられます。在来工法の浴室なら、基本的に自由に選択ができます。

システムバスは、商品によっていくつか素材が設定されていますので、予算や好みにも合わせて選ぶことになるかと思います。それぞれ素材にもメリットデメリットがあります。同じ素材でも、商品やメーカーにより特徴が異なることもあります。

浴槽に求めるものは何か、優先順位を明確にして選ぶことが大切だと思います。ただし、建物の構造・施工方法など、専門知識が必要な場合も多々あるので、こだわりがある場合は、早めに担当者に相談するようにしましょう。

最新の浴槽の機能

■ TOTO:魔法びん浴槽

浴槽断熱材と高断熱のふろふたによる断熱構造で、抜群の保温力を発揮。

■ クリナップ:高断熱浴槽

浴槽と風呂フタの保温材、浴槽下を防水パンで覆って4時間後の温度低下を2.5℃以内に抑えます。

■ LIXIL:きれい浴槽

パールのような輝きの美しい浴槽に、LIXIL独自の汚れにくい”キレイテクノロジー”をプラス。水アカ(シリカ)汚れがつきにくく落としやすい防汚クリア層。

■ Panasonic:人造大理石浴槽

最高級クラスの人造大理石を使用。表面がとてもなめらか。しかも、素材には汚れにくい成分をしっかり練り込んでいるので、おそうじラクラクです。

「お風呂リフォームのポイント」に関する記事一覧

ブログ 雨漏り110番 ホームプロ 高田馬場法律
0120-777-253
お問い合わせフォーム お気軽にご相談ください!
ページトップへ戻る