外壁・屋根塗装ビルドアート

0120-777-253
営業時間:9~18時 土日・祝日も営業

キッチンリフォームの色選びのコツ

キッチンのカラーコーディネートを考える上で基本となる3つの要素があります。

基本となる3つの要素

■ベースカラー

床や壁、天井などに使う色の事です、空間全体の約70%を占め、インテリアのベースとなります。
 

■メインカラー

キッチン本体やリビングダイニングの収納家具、ソファなどに使う色です。空間全体の20~30%を占めます。部屋に個性を持たせる、空間を演出したりするのに役に立ちます。
  

■アクセントカラー

クッションなどの小物類に使う色です。空間全体の5%ほどしか占めませんが、上記2つと異なる色を使う事により空間を引き締める役目となります。

メインカラー

キッチンの配色を考える上で重要なのはベースカラーとメインカラーのバランスです。特にオープンキッチンの場合、リビングの家具やカーテンの色合いと調和を考え、色が増えすぎない様にするのがコツとなります。キッチン本体の色ごとの例をいくつか紹介します。

■白系

白は空間全体をすっきりとまとめあげる効果があります。同時に、部屋を広々と見せる効果もあるため、特に狭いキッチンの場合、白をお勧め致します。また、定番カラーの為クリナップ社の「ラクエラ」、トラクス社の「ベリー」など多くのメーカーのものが揃い、選択肢も豊富です。

ただ、他の色に比べて汚れが目立ちやすいため、白で統一する場合、掃除をこまめにする必要があります。

■赤系

赤は暖かみがあり、キッチンのイメージにもよく合いますが、自己主張が強く扱いの難しい色でもあります。赤でまとめると、狭いキッチンの場合圧迫感が生まれ、落ち着かない空間になってしまう可能性があります。逆に広すぎて寒々とした印象があるキッチンの場合、赤をワンポイント配色するのが効果的です。

また、赤を主役にしたい場合は、キッチン本体を空間全体の主役と考えて赤を配置し、壁や床をそれより弱い色で組み合わせれば、バランスの良い配色になります。

さらに、普通の赤よりも濃いワインレッドをキッチンの色に採用する場合は、背景の色も若干濃いめにすると、色同士がケンカせず、ほどよい調和が楽しめます。壁を薄い黄色、床はやや濃いイエローといった具合です。

また、赤に対して上記の色より濃い色を組み合わせたい場合は、原色にこだわるよりも柔らかさがある中間色のフローリングやグレイッシュの色のタイルなどがお勧めです。その方が赤が映えて空間の調和もよくなります。

■黄色系

黄色、オレンジ、グリーンは野菜や果実を連想させ、キッチンととても相性の良い色です。特に、黄色は人を楽しい気分にさせてくれる色と知られ、壁や床によく用いる暖色系ともなじみやすいので、比較的コーディネートしやすい色です。

黄色をいかすには、床や壁を薄めの明るい色にするのが基本です。ただ、まとまりすぎていて面白味に欠けると感じる場合は、床も黄色にし、濃淡でアクセントをつけると調和を崩さずにメリハリをつけられます。

■緑系

黄緑色はさわやかなイメージがあり、黄色と同様にコーディネートをまとめやすい色です。黄緑色をキッチンの色にする場合、床や壁を薄い色にした方がフレッシュさを強調できます。また緑色のキッチンの場合は、濃い色のフローリングと相性が良いです。

色を組み合わせる場合も他の色を使より、同じ緑系の色で濃淡をつけた方がまとまりのある空間が演出できます。

■青系

青は冷たいイメージのある寒色系なのでキッチンの色としては使いどころが難しい面があります。しかし、上手く使うとクールで引き締まった印象を受け、爽やかさを強調できます。

暖色系は色が大きくせり出し、相対的に空間が狭く見えてしまうのですが、それに対して、寒色系は色が引っ込んでいる様に見える為、部屋を広く見せることができるのも青のメリットです。

キッチンの色を青にする場合は床も壁もクールなイメージのホワイトやグレーを用いると無難にまとめられます。小物なども木目調のものより、金属製のもので統一する事をお勧めします。

さらに、冷蔵庫などの家電は銀色のものがよく合います。また、フローリングの色を暖色系にしたいのであれば、キッチンの色は「黄色味の強いエメラルドブルー」、「赤身を帯びた青」など複雑な色合いの方が調和しやすい傾向にあります。

■黒系

シックな黒は特に男性に人気のある色。黒いキッチンに壁や天井を白で対比させれば鮮やかなコントラストを成し、モダンでクールなイメージを引き立ててくれます。また、モノトーンの空間では、どんな色を足しても調和を乱しにくいという特徴があります。

どこか一部に赤や黄色など、お好みの色を加えてもちぐはぐな印象にならず、アクセントカラーとして美しく引き立ちますが黒のキッチンに対して床も色にした場合、その難易度は一気に高まります。難易度が高い反面、うまく組み合わせることで高級感のあるスタイリッシュな空間にもなります。

例えば、黒のオークキッチンと濃い木の色のフローリングの組み合わせなどです。この場合、材質の質感が近い為、色がケンカせず、うまく調和します。さらに吊戸棚には黒と相性が良く、暖かみのあるブラウン系の赤を用いる事で上品で優美な空間をつくり上げられます。

また、窓が大きく光量の多い場合、黒のキッチンに濃いグレーの床を組み合わせるのもクールで落ち着いた印象を与えます。ダーク系の色面積が多くなり、普通ならば重苦しくなるところですが、窓からの光量が多いと壁の白さが強調され、重さが緩和します。

キッチンの色選びの失敗例で多いのは「大好きな色を選んだが他の家具や壁とあわなかった」というパターンです。好きな色を基本にするのは、大事ですが、周りの壁や天井、床、冷蔵庫などの電化製品、家具、窓からの光量などの色との調和を考えながら、好きな色の類似色選んでいくのが色選びのコツです。

最新技術を体感できるショールーム
ブログ 雨漏り110番 ホームプロ 高田馬場法律
0120-777-253
お問い合わせフォーム お気軽にご相談ください!
ページトップへ戻る