外壁・屋根塗装ビルドアート

0120-777-253
営業時間:9~18時 土日・祝日も営業

レンジフードの種類と特徴

レンジフードとは、ガスコンロやIHクッキングヒーター上部に設置する排気設備のことをいい、換気扇にステンレス製などのフード(おおい)を組み合わせたもので、調理の際に出る煙や蒸気、ニオイなどを効率よく排出します。排気ファン、フード形状、取り付けタイプの3つが選ぶ際のポイントとなります。

排気ファンの種類

プロペラファン

扇風機の羽根のような形状のファンを採用しているタイプで、取り付ける為には換気扇が外壁に接して要る事が条件になります。屋外に直接排気できる戸建住宅などに適しており、安価に導入できますが、静圧が低いという欠点があります。

シロッコファン

静圧の低い環境での排気風量ではプロペラファンに劣りますが、静圧の高い環境でも安定して排気できるのが大きな長所で、気密性の高い住宅に適しています。

ターボファン

プロペラファンとシロッファンの中間的特徴を持っており、静圧が低めで大きな風量が必要とされる場合などに使用されます。長さが比較的長く、後ろ向きに反った羽根がついており、ファンの中では最も効率がよい換気扇です。

フードの形状

ブーツ型

一般に普及されており、あらゆるキッチンに取り付けが可能なタイプです。内部部品が多く、掃除をしづらいという欠点があります。上下に広がった形状をしており、 シロッコファン、プロペラファンが使用されます。

フラット型・平型・浅型

省スペースで設置が可能で天井が低い場合、梁などで取り付け位置の確保が出来ない場合などで使用されるタイプです。内部部品が多く、掃除をしづらいという欠点があります。小さく薄い形状をしており、主にシロッコファン、ターボファンが使用されます。

スリム型

スリムなデザインで近頃では主流となりつつあり、油汚れがつきにくいタイプです。内部に溝や継ぎ目がないため、掃除がしやすく、見た目がインテリアとしても人気が高くなっています。凹凸がなく、フラットな形状をしており、主にシロッコファンが使用されます。

取り付けタイプ

壁面取付けタイプ

レンジフードを壁に取り付けるため、天井にスペース空き、広々とした印象になるタイプです。掃除がしやすく、ニオイの広がりが少ないのが特徴です。

横壁面取付けタイプ

壁面取付けタイプと同様に壁に取り付けます。オープン対面タイプ、セミオープンタイプのキッチンレイアウトの場合使用するタイプです。吊戸棚が隣に並ばないため、レンジフードが目立つという欠点があります。

天井取付けタイプ

壁や戸棚から独立させて取り付けます。アイランドタイプのキッチンレイアウトの場合使用するタイプです。解放感があり、スタイリッシュな印象ですが、換気扇の音や洗い物の音が筒抜けになるという欠点があります。また、ほかの取り付けタイプに比べ、高価になる場合があります。

最新技術を体感できるショールーム
ブログ 雨漏り110番 ホームプロ 高田馬場法律
0120-777-253
お問い合わせフォーム お気軽にご相談ください!
ページトップへ戻る