外壁・屋根塗装ビルドアート

0120-777-253
営業時間:9~18時 土日・祝日も営業

リフォームの契約は慎重に!工事請負契約書の注意点

もしもの事態が起こらないために、請負契約書を確認する時のポイントをご紹介していきます。

工事が始まる前に、最後に交わす工事請負契約書があります。ちょっとしたリフォームでも、契約を交わすことに変わりはありません。もしもの事態が起こらないために、請負契約書を確認する時のポイントをご紹介していきます。

工事請負契約書とは、基本的にはリフォームにかかる総費用、そして着工から完成予定日、支払い方法などが明記された書類です。どの項目に関しても間違いがあってはならない重要な書類なので、契約を交わす際のチェックはもちろん、大切に管理することが必要です。

必ず契約書を交わす

リフォームを依頼する際は、たとえどんなに小規模なリフォームであっても、必ず正式な契約書を交わすようにしましょう。口頭のみでは誤解や勘違いがありえますし、「言った、言わない」のトラブルにもなりかねません。

また、工事が終わった後で依頼した内容と違うと言っても、証明することができません。そのようなトラブルを避けるためにも、必ず書面で契約書を交わしましょう。

特に、小規模な内容のリフォームだと、契約書を交わさないで工事を始めることが多々あります。口約束では、問題が起きたときに不利になることが多いのです。どんなに小額のリフォーム内容でも、契約書を作成してもらうようにしてください。

リフォーム工事の契約で使われる書類とチェックポイント

ほとんどの場合、契約書にはリフォームの具体的な内容までは書かれていません。そのため契約書だけではなく、リフォームの際にはその他いくつかの書類が必要です。

契約書に印鑑を押す前に、それらの書類がそろっているか、その内容についても確認しましょう。契約書以外に、契約の際に必要な主な書類は以下の通りです。事前に確認をしておきましょう。

1.見積書:設備や材料の名称や数量、諸経費など費用に関わる詳細を記載した書類
2.工事請負契約書:費用の総額や代金の支払方法、工事の期日などが記載された書類
3.工事請負契約約款:契約に伴う様々な取り決めを記載した書類

書類のチェックポイント

1.見積書のチェックポイント

まずは、最初にもらった見積書との金額の確認をしましょう。リフォームで起こりがちなことは、最初に考えていたリフォームよりも変更点が増える、減るなどして見積書との金額が変わっていることです。

金額が異なる場合、なぜその金額になったのか、経過を追いながら金額の確認をする必要があります。納得できない点がある場合は、遠慮せずに業者に確認を取りましょう。

2.工事請負契約書のチェックポイント

工事請負契約書には、工事期間に関する記述もあります。何日から始まり何日に終わるのか、もちろん目安であり、契約内容に記述された期間どおりに終わるわけではないこともあります。

しかし、ここの記述がなければ代替用に住まいを必要とする大規模なリフォームの場合、余計な家賃など出費が増えてしまうことにもなりかねません。自身の都合と業者の都合をすり合わせたものになっているのか、しっかりと確認しましょう。

3.工事請負契約約款のチェックポイント

リフォームの際には、請負契約書以外にも多くの書類が必要です。2で記した「工事請負契約約款」と呼ばれる書類は、必ずしっかりと目を通しておきましょう。

工事が遅延した際の保証内容、支払いが滞った際のペナルティなど、保証に関する大切なことが書かれています。万が一詐欺的な行為があった場合、ここをしっかりと把握しておかないと、大きな損をする可能性も否めません。

すべての書類に目を通して捺印

契約書に印鑑を押す前の最終確認は慎重にしましょう。快適な住まいを手に入れることができるリフォームは、完成までの時間が待ち遠しく感じるでしょう。しかし、慎重さを欠いては失敗する可能性もあります。大きな金額だからこそ、確認の大切さを今一度把握しておきましょう。

まとめ

どんな契約も同じなのですが、契約そのものは手順通りに進んでいきますので、その場で契約書を詳しく読んだり、細かい部分までチェックする人は少ないです。これは、何千万円もするような高額な契約時でも同じです。

一度契約書にサインしてしまうと、何かミスや不手際が発覚しても、契約書を理由に不利になってしまいます。金額が金額だけに、契約書はしっかりとチェックする必要がありますし、契約書の内容を契約当日に初めて目を通したなんていうことは、避ける必要があります。

担当者に、「契約書やその他の関係書類にはしっかりと目を通しておきたいから、契約日の○日前までには一度チェックさせて欲しい」、という要望を出しておきましょう。

何度も言うようですが、それができない業者であれば、契約そのものを再検討する必要があると思います。どのような状況であれ、リフォームで後悔や失敗をしたくないのであれば、どんなに面倒でも契約書類はしっかりとチェックすることをオススメします。

ブログ 雨漏り110番 ホームプロ 高田馬場法律
0120-777-253
お問い合わせフォーム お気軽にご相談ください!
ページトップへ戻る