外壁・屋根塗装ビルドアート

0120-777-253
営業時間:9~18時 土日・祝日も営業

雨戸(シャッターBOX)のリフォーム料金と注意点

雨戸(シャッターBOX)のリフォームでより快適な生活に!

雨戸をリフォームする理由は「美観を維持するため」や「防犯対策のため」など様々ですが、どのような種類やリフォーム内容があるのか詳しく知っている方は少ないかと思います。

このページでは、雨戸やシャッターBOXのリフォームについて紹介するので、より快適で安心できる住宅づくりのために、ぜひ参考にしてみてください。

雨戸とシャッターBOXの種類

雨戸やシャッターBOXと言っても、実は種類があるのをご存知ですか?種類やメリット・デメリットは下記のとおりです。

単板引き違い雨戸

一般的に賃貸物件などでよく見られる雨戸で、1枚の板を2~3枚組み合わせることにより、ガラス窓を守ることができます。

構造がシンプルなので、雨戸の交換費用を抑えられるというメリットがありますが、光や風を通さないので、全て閉じると室内が真っ暗になってしまうというデメリットもあります。

エコ引き違い雨戸

単板引き違い雨戸とは違い、ルーバーと呼ばれる機構を取り入れ、ブラインドのように光や風を室内に呼び込むことができる雨戸になります。また、ルーバーを閉めることで、1枚板のように完全に閉めることもできます。

メリットは部屋が暗くなりすぎず、風通しも良い点で、デメリットは構造が複雑なため費用が高くなる点です。

手動シャッター雨戸

引き戸のように、左右の戸袋に収納するタイプではなく、使わない時は窓の上部に収納することができる雨戸です。

戸袋に収納する引き戸よりも開閉しやすく、デザイン性や防犯性、防災性にも優れていますが、引き戸よりも交換費用が高くなるというデメリットがあります。

電動シャッター雨戸

手動シャッターよりも人気なのが、電動シャッター雨戸です。手動で窓を開け閉めすることなく、ボタン一つでシャッターの開閉ができるという手軽さが最大のメリットで、高性能なタイプはタイマー設定ができるものもあり、非常に利便性が高いです。

費用はかかりますが、雨戸を交換する際は、電動シャッターが最もオススメです。

リフォームするタイミング

目的によって、タイミングが変わりますので、次のように覚えておくといいでしょう。

・美観維持の場合→外壁塗装を行うタイミングと同じ
・防犯の場合→必要なタイミングで行う

雨戸の交換・塗装は、外壁塗装を行うタイミングでやると費用を抑えることができるのでオススメです。また、費用面だけではなく、外壁の塗装と雨戸の色合いを合わせることによって美観も整うので、業者にお願いするときは一緒に提案してもらうのが好ましいです。

ただし、防犯を含めた雨戸の交換を行う場合は、塗装のタイミングではなく、必要なタイミングで行うようにしましょう。

雨戸(シャッターBOX)のリフォーム方法と費用

費用は塗装する雨戸の材質によって変わります。

木製の雨戸の場合は、経年劣化で破損やゆがみが発生している事が多く、部分補修を行ったうえで塗装や交換などが必要になります。もし費用を抑えるために無理に塗装しても、すぐに傷んでしまう可能性が高いので、複数の塗装業者に塗装と交換どちらが良いのか相談してみましょう。

引き戸タイプ

■スチール製の塗装
・単価:¥3,000~4,000/1枚 10枚・・・・・・・¥30,000~
・単価:¥1,000〜¥1,350/1㎡ 3.24㎡/4か所・・・¥12,960~

■木製の塗装
・単価:¥4,000〜¥5,000/1枚 10枚・・・・・・・¥40,000~
・単価:¥1,200〜¥1,650/1㎡ 3.24㎡/4か所・・・¥15,552~

※上記は、外壁塗装と合わせて行う場合の相場となります。
※雨戸は片面のみの塗装相場となります

シャッタータイプ

シャッタ―タイプの雨戸は塗装ができませんので、メンテナンスの際は交換が一般的です。

■塗装
・戸袋塗装スチール製 単価:¥1,200〜¥1,650/1㎡ 1㎡/4箇所・・・¥4,800

■交換
・手動タイプ 単価:¥100,000〜¥130,000/1箇所 4箇所・・・¥400,000
・自動タイプ 単価:¥200,000〜¥250,000/1箇所 4箇所・・・¥800,000

※上記は、外壁塗装と合わせて行う場合の相場となります。

雨戸(シャッターBOX)をリフォームするときの注意点

2階の雨戸(シャッターBOX)をリフォーム

2階の窓等の足場がない箇所で、雨戸・シャッターBOXの塗装を行う場合は足場をかけることがあります。足場だけでも費用は15万程かかるので、外壁・屋根塗装を行うタイミングで施工をすることをオススメします。

防犯性

塗装の件とはまた別ですが、雨戸についてご注意いただきたいのが、留守中にシャッターを閉めたままにしてしまうと、留守という事を気づかれてしまう可能性がある点です。

空き巣などの被害も考えられますので、雨戸のカギを閉めたからと窓やドアのカギを閉めずにいるのは危険です。不在時に限らず、ルーバー付きのシャッターで外の様子が見えるものでもない限り、窓やドアのカギは閉めておくようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?業者に頼まずDIYでやる場合も、平屋の戸建てでもない限り、足場の問題がどうしても出てきてしまいます。その点をふまえると、外壁・屋根塗装と一緒に塗装をしてもらう方がお得にリフォームできますよね!ただし、これは美観維持を目的とした場合なので、防犯を目的とするリフォームの場合は別です。

また、外壁・屋根塗装業者の中でも業者によっては、交換を請け負ってくれるところもあるので、予め雨戸部分の予算を伝え、複数の提案をもらうのがいいでしょう。

最新技術を体感できるショールーム
ブログ 雨漏り110番 ホームプロ 高田馬場法律
0120-777-253
お問い合わせフォーム お気軽にご相談ください!
ページトップへ戻る