外壁・屋根塗装ビルドアート

0120-777-253
営業時間:9~18時 土日・祝日も営業

サイディングを塗装する際の注意点

サイディングを塗装する際の注意点

金属系のサイディングなどは、熱の伝導率が良いので、塗料を間違えて使用してしまうと、「膨れ」・「剥がれ」などの原因になってしまいます。

外壁塗装は外壁材の種類により適した塗料が変わってきます。金属系のサイディングなどは、熱の伝導率が良いので、塗料を間違えて使用してしまうと、「膨れ」・「剥がれ」などの原因になってしまいます。

サイディングはモルタルと比べて熱がこもりやすいです。そのため、サイディング外壁に弾性塗料を使用することはできません。なぜなら、弾性塗料は熱で膨張するからです。

そのような事が起きないように、サイディングの塗装時には塗料に関する専門家に相談した方がいいでしょう。

最近の建物には、サイディングを使用するのが一般的になってきています。セメントなどを高熱処理して製造されます。モルタルは「湿式工法」と呼び、サイディングは「乾式工法」とも呼ばれています。

サイディングの外壁は、一般的に10年程で塗替えとされています。ただし、最初の塗料の品質によって、塗替え時期が若干変わります。新築の際に良い品質のサイディングを使っていれば長持ちしますが、安価なものですと10年未満になってしまいます。

サイディングには模様(柄)が付いていることが特徴ですが、再塗装することで模様が消えてしまうこともございます。ですが模様(柄)を残すための塗膜を作る方法はありますので、ご相談ください。

最初に述べたように、サイディングの塗装は外壁の素材により最適な塗料が変わります。例えば、窯業系サイディングであれば、模様を生かしたクリヤー塗装が適しています。

金属サイディングであればサビに強い塗料が適しているなど、外壁材によって最適な塗料が異なってくるのです。その為に、サイディングの塗装の際は、塗料の専門家に相談しながら検討していくことが重要です。

ブログ 雨漏り110番 ホームプロ 高田馬場法律
0120-777-253
お問い合わせフォーム お気軽にご相談ください!
ページトップへ戻る