外壁・屋根塗装ビルドアート

0120-777-253
営業時間:9~18時 土日・祝日も営業

【サンプル付き】外壁塗装の見積書のチェックポイント・注意点

施工業者を選ぶ際に、判断材料の1つとして見積書は非常に重要です!

現地調査が終わったら、業者から手渡される見積書。しかし、普段目にすることのないものなので、どこを見ればいいのか困ってしまうでしょう。知らないと損することもあります。

外壁塗装工事の見積書というのは決められた基準があるわけではないので、業者さんそれぞれで内容は違います。素人にはわかりづらい表記で書かれていたり、不明瞭だったりということが多々起こります。

そこで、不明瞭なのかそうでないのかを判断する力を養っておきましょう。ここでは、外壁塗装の見積書のチェック方法をお伝えします。

見積書を理解することの大切さ

塗装工事の際、作られる見積書は、各業者さんによって様々な書き方があります。塗装に関する知識や、業務柄見積書の作成に慣れている方であれば良いですが、その内容の違いはさまざまで、見積書をさっと見ただけではあまり分かりません。

ですので、見積書の内容をそのままにはせずに、その業者さんがどんな施工をするのかをしっかり確認して、それを把握する事が、塗装工事や防水工事を成功させ、失敗をしない為の大きなポイントと言えるでしょう。

外壁塗装の見積書で注意する点

■使用する塗料とメーカーが書かれているか

外壁塗装で最も重要な塗料ですが、この塗料がどこのメーカーのものか分からないのは本当に危険です。見積書に書いてあるかどうか、まず確認をしてください。

書いていない場合は、メーカーと塗料名がきちんと書かれた見積書を再度作ってもらいましょう。下塗りと上塗りの塗料が違うので、下塗りの塗料も確認すると良いでしょう。

■塗料メーカーのホームページで塗料の確認をすること

メーカーのホームページでは、塗装について詳しく説明が載っているはずです。塗料がどれくらいもつのか(耐用年数)、下塗りにはどのような物を使うべきなのか、など詳細に調べることが出来るでしょう。

よくわからないメーカーの場合、ホームページの中での説明が少なく、不安点が多いです。どこのものかわからない塗料を外壁に塗られるなんてことは避けましょう。

※工事中、見積書に書かれた塗料が実際に使われているか?
見積書がきちんとしていたとしても、それらが実際に行われるかはわかりません。良い業者さんであればお任せしても大丈夫ですが、訪問販売の業者など、その業者の事がよく分からない場合は見積書の内容がしっかりと工事されているのか確認が必要です。

シリコン塗料を使わなければならないところをウレタン塗料を使ったり、コーキング打ち替えのところを打ち増しだけだったり、塗料が三回塗りのはずなのに二回だけだったりと、あとからだと気づけない部分も多いので、確認しておきましょう。

■足場が無料になっていないか

業者にとって足場代が無料ということは、絶対にあり得ません。必ず仕入れ値というものが発生しています。仕入れ値がかかる物を無料で提供すれば足場は赤字になります。それがないということは、他で採算を合わせている可能性があります。そういった業者ははっきり言って信用できません。

足場代は一般的に外壁塗装の現場では100,000円以上はかかってきます。それを無料には本来出来ません。更に無料と言っていたのに、塗料に足場代が含まれていたら納得がいかなくなります。

■工程ごとに細かく書かれているか

外壁塗装:一式○○円、屋根:一式○○円など、大雑把に書かれていると何がいくらかかるのか、塗装はどこまでやってくれるのかなど全く分かりません。各工程をしっかりと詳しくのせてもらい、それぞれをしっかりと理解した上で工事を始めてもらいましょう。

見積書の例

■注意する見積書の例

こちらは、根拠のない見積もり例です。仕様や金額など、あまりに大まかな見積書のような場合や、数量の部分が空欄だったり一式の表記ばかりのものは、仕様が分からないし値段の根拠がありません。

工事内容も大まかに分かれている上に、金額はまとめた合計になっています。これでは各所の仕様や面積が全く分かりません。このような見積書を出す業者には注意が必要です。

■しっかりした見積書の例

こちらが一般的な見積もり例となっております。工事名称・数量・見積金額・摘要(仕様)など、細かく分けて記載しています。

①「共通工事」②「外壁工事」③「屋根工事」④「付帯工事」⑤「諸経費」などに分けて細かく記載します。各所の仕様と面積を明らかにします。

良い見積書というものは、内容がはっきりしており細かく説明がなされているものになります。工事の内容がきちんと見積書に記載され、説明をしなくても見積書を読むことにより、細部にわたり理解することができる見積書が理想的です。

見積書の記載部分は非常に重要なことです。後で言った言わないというようなことも防ぐことが出来ますし、施主や業者にとっても再確認を行えるということも言えます。契約するにあたり、見積書や契約書など書面に記載されているものは非常に大事であり、工事を安心して依頼することができる第一歩となります。

まとめ

外壁塗装の見積もりを見るときは、安さだけではなく、さまざまな項目に目を通す必要があります。

まずは見積書の内容に不備がないか・表記は正しいか・塗料のメーカー名の記載があるか・下地処理などの工事項目が載っているかなど、確認しておくべき項目はたくさんありますが、最も大切なことは、詳細が分かりやすい見積もりを作ってくれる信頼できる業者と出会うことです。

ブログ 雨漏り110番 ホームプロ 高田馬場法律
0120-777-253
お問い合わせフォーム お気軽にご相談ください!
ページトップへ戻る